仮想化ソフトウェアVirtualBoxにCentOS7.0をインストールする方法

Author Image

Text By:techhub Blog 編集部

techhub-blog-2185-centos-thumbnail-1

©CentOS

今回は、初心者の私でもできた「VirtualBox上にCentOS7.0をインストールする方法」を紹介させていただきます。


VirtualBox、CentOSともにオープンソース(無料)のソフトウェアであり、ITインフラエンジニアが働く現場でも広く利用されています。 自宅で環境を整えることができれば、LPICなどLinuxの勉強に活かすことができます。

手順は簡単なので、初めてインストールをされる方は、ぜひ参考にしてください。

まずは環境を準備しよう

何を始めるにも、まずは環境の準備が必要です。 以下を参考にし、準備を整えてください。

推奨環境と導入ステップ

以、推奨環境(パソコン・仮想環境)と手順になります。

パソコン

OS:Windows7、Windows8/8.1

メモリ:2GB以上

HDD:100GB以上

仮想環境

OS:CentOS7.0

メモリ:1,344MB(最低限1,024MB必要)以上

HDD:7.5G以上

導入のステップ

STEP 1:VirtualBoxのダウンロード・インストール
STEP 2:VirtualBox上に仮想マシンを作成
STEP 3:CentOS7.0のダウンロード・インストール・設定

手順に沿ってやってみよう

STEP 1.VirtualBoxのダウンロード・インストール

それではまずVirtualBoxのダウンロードとインストールをしてみましょう。

①VirtualBoxのダウンロード

ORACLE社のWEBサイト(US)から自分のPCに合ったPlatformを見つけ、Fileの列からインストールファイルをダウンロードします(今回はWindows用のインストーラーをダウンロードします)。VirtualBoxのダウンロードページへicon-external-link

②VirtualBoxのインストール

⑴ダウンロードしたファイルを実行し、インストールファイルを開き、Setupを開始するために「Next」をクリックする。

VirtualBoxのインストール

 

⑵カスタム用の設定は行わず、そのまま「Next」をクリック

⑶ショートカットアイコンなどそのままの設定で「Next」をクリックします。

⑷一時的にネットワークが切断される旨の警告がでるので、そのまま「Yes」をクリックします。

⑸「Install」をクリックしてインストールを開始します。

⑹インストールが完了するまで数分待ちます。

⑺途中デバイスのインストールについて確認されますが、「インストール」をクリックします。

⑻VirtualBoxのインストールが完了した画面が出たら「Finish」をクリックします。

STEP 2.VirtualBox上に仮想マシンを作成

⑴VirtualBoxの操作ウィンドウを開き、新規を選択する。

⑵名前は好きなものを入力(今回はCentOS7.0と入力します。)タイプはLinux、バーションはRed Hat (64-bit)に変更し、「次へ」をクリックします。

⑶仮想メモリを1,024MB以上に変更し、「次へ」をクリックします。

⑷仮想ハードディスクを作成する(C)を選択し、「作成」をクリックします。

⑸ファイルタイプVDIを選択し、「次へ」をクリックします。

⑹仮想ハードディスクにあるストレージを可変サイズに変更、「次へ」を選択する。

⑺仮想ハードの容量7.5G以上(ここでは8Gにしておきます)に変更し、「作成を」クリックする。

⑻仮想マシン「Centos7.0」が作成されていること確認する。

⑼VirtualBoxの初期画面、右側ネットワークの項目をクリックする。ネットワークアダプターを有効化にチェックを入れ、割り当ての項目をブリッジアダプタに変更をし、「OK」をクリックする。  

STEP 3.CentOS7.0のダウンロード・インストール・設定

それでは最後のStepです。CentOS7.0のダウンロードとインストール、設定をしていきましょう。  

①CentOSのダウンロード

⑴まずはCentOSのWEBサイトを開きましょう。CentOSのダウンロードページ

⑵GET CentOS Now をクリックします。

⑶DVD ISOをクリックします。

⑷以下のインストールファイルをダウンロードします。  

②CentOSのインストール

⑴ダウンロードしたCentOS7.0のファイルをセットします。右の項目のストレージ部分、コントロールIDEのIDEセカンダリマスターの「光学ドライブ」空 をクリックすると、「ディスクイメージを選択」の項目が表示されるので、ダウンロードし、たCentOS7.0のセットアップするためのISOファイルを選択します。

⑵CentOS7.0の起動を確認し、「Install CentOS 7」を選択し、Enterと入力します。

⑶インストール時の言語が選択出来るので日本語を選択し、「次へ」をクリックします。

⑷Ⅰ.「ソフトウェアを選択」をクリックします。

 Ⅱ.ベース選択でGNOME Desktopを選択し、選択した環境のアドオンにGNOME アプリケーションにチェックをいれ、「完了」をクリックします(今回はGUIの設定をあらかじめ準備しておきます)。

 

⑸Ⅰ.「ネットワークとホスト」の項目をクリックします。  

Ⅱ.任意のホスト名を入力します。  

Ⅲ.Ethernetの接続をオンに切り替えます。  

Ⅳ.設定をクリックします。

Ⅴ.IPv4のセッティングの項目を選択します。

Ⅵ.方式の項目を手動に切り替えます。  

Ⅶ.アドレスの項目(IPアドレス、ゲートマスク、ゲートウェイ)に任意の設定を行います。  

Ⅷ.DNSサーバーに任意の設定を行います。  Ⅸ.保存をクリックし、前項の画面に戻り、「完了」をクリックします。

⑹Ⅰ.「インストール先」の項目をクリックします。

Ⅱ.インストールするHDDを選択し、その他のストレージオプションのパーティション構成を「自動構成のパーティション構成」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

⑺設定が終わったらインストールの開始をクリックします。

⑻インストール中、ユーザーの設定が行えるので設定を行います。  

Ⅰ.「rootパスワード」をクリックします。任意のパスワードを入力し、「完了」をクリックします。  

Ⅱ.「ユーザーの作成」をクリックします。ユーザー名とパスワードに、任意の設定を行い「完了」をクリックします。

⑼インストールが完了した後、再起動をクリックします。

⑽ユーザーのサインイン画面が表示されるので、設定したパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。

⑾日本語を選択肢し、「次へ」をクリックします。

⑿入力ソースの選択画面が表示されるので、日本語を選択肢「次へ」をクリックします。

⒀オンラインアカウント画面が表示されますが、「次へ」クリックします(必要に応じて追加を行って下さい)。

⒁Start using CentOS Linuxをクリックします。 ⒂再起動を行い、正常に起動を確認が取ります。 以上でCentOS7.0の設定まで完了しました。  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

手順に沿ってやれば、思ったよりも簡単にできます。

これからITインフラ業界で、特にサーバーエンジニアを目指す方は、勉強のツールとして自宅の端末に導入してみましょう。

techhub Learning テックハブ・ラーニング 動画eラーニングで教育環境の充実化充実化!! 教育コストを削減 会社でも自宅でも学習 ITインフラに特化した教材 デモ環境の無料申し込み