さらっと知る!統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker(システムウォーカー)」について

Author Image

Text By:techhub Blog 編集部

blog-thumb-7511

今回は実際に業務で利用しているSystemwalker(システムウォーカー)についてご紹介します。

Systemwalker(システムウォーカー)をさらっと解説

Systemwalkerの概要

Systemwalkerは富士通株式会社によって提供されている統合運用管理ソフトウェア群の総称です。

運用管理ソフトウェアとは、サービスを提供するために必要なシステムが安定して稼働するようにネットワークの監視、品質を維持・最適化されるために利用状況の把握と分析、電源投入・切断や定型バッチの業務運用の自動化、情報漏えいを防ぐセキュリティ対策等を行うソフトウェアのことです。

主な製品と機能

Systemwalker Centric Manager

業務サーバにインストールすることなく一般的な運用監視ができるため、業務用サーバの負荷軽減になります。また、統合された監視画面により、エラーやイベントの発生状況が一目で確認することができます。

Systemwalker Network Manager

ネットワークの接続構成がグラフィカルに表示されるため、障害状況を視覚的に把握でき、目的別の監視ビューにより、障害発生時の影響範囲を的確に把握することができます。

Systemwalker Desktop Patrol

社内外で利用しているパソコンやプリンタなどのICT資産の台数や利用実態やオフィスのセキュリティ設定状況を自動的に収集し、管理者のパソコンやレポートで確認することができます。

まとめ

運用管理ソフトウェアは、商用とオープンソースがあり種類も特徴もさまざまです。

富士通株式会社のSystemwalkerのHPにコマンドやスクリプトが載ったマニュアルが公開されています。興味がある方は探してみると良いでしょう。

techhub Learning テックハブ・ラーニング 動画eラーニングで教育環境の充実化充実化!! 教育コストを削減 会社でも自宅でも学習 ITインフラに特化した教材 デモ環境の無料申し込み