急成長ベンチャー企業の特命人事が目指す未来をつくる組織マネジメント

Author Image

Text By:techhub Blog 編集部

blog-thumb-7692
シンクスマイル社・野口政裕氏
複数社の企業を立ち上げた経験した後、2011年シンクスマイル社に参画。当時、伸び悩んだいたホワイトニング事業を躍進させる。現在は、特命人事としてHR部門を支援しつつ、主力サービスの一つである、組織マネジメントツール「RECOG(レコグ)」のセールス責任者を務める。なお野口氏のおこなう本ツールの導入・運用支援は他社ではお目にかかれない熱い逸品となっています。

テクノロジー業界だけでなく、どの業界、どの企業においても人材不足という課題を抱えています。なかでもスタートアップ、ベンチャーといった、知名度も信用度もこれからの企業は、特に悩むところではないでしょうか。

しかし、大手・中小企業、ベンチャー企業といった規模に関わらず、優秀な人材をいかに採用できるかが、会社のゆく末を決めると言っても過言ではないでしょう。

企業のビジョンや風土・文化にマッチした人材を採用し、適切かつ確実な育成することが、これまで以上に求められている社会において、どのような対応を取っていくべきなのかについて、シンクスマイル社にて組織マネジメントを務めている野口政裕氏にお話しを伺いました。

組織マネジメントは人材育成

エース人材が生まれる環境が必要

旧来のやり方なのか、多くの企業では人事担当のポジションには、社内におけるエース人材を配置しない傾向があり、営業などクライアント獲得や売上を伸ばすプロフィットセンター置かれてしまいます。

これまでの市場や消費者ニーズには合った体制でしたが、今はそうではなく、人事部門にこそエースを置くべきだと野口氏は述べています。

だからといって、プロフィットセンターに置かなくて良いということではなく、両方またはあらゆる部門に、各部門にマッチし、エースつまりはリーダになりうる人材を配置すべき時代になってきています。

そして、このような人材が自然発生的に生まれる環境をつくるのが、組織マネジメントにおける役割であると考えます。

 

まず必要なのはボトムアップできる環境

リーダ人材を輩出できる組織は、トップダウン型ではなくボトムアップ型が必須だと野口氏は主張します。

商品・サービスにおいては消費者、採用においては求職者ですが、それぞれの価値観は時代をおうごとに変化の早さが増し、かつ多種多様になり、適確にニーズをくみ取るのは簡単ではなく、トップダウン型では対応しきれないのが現実です。消費者と直に接する現場の人間が、思考・企画・実行・分析・改善といったPDCAを高速に回すことが必要になります。

逐一、細かい承認や確認を上司に取っていたのでは、スピード感は落ち、リーダに必要となる決断力を養う機会を損失してしまいます。

また、このPDCAサイクルは適確なリーダ人材が育つために必要不可欠であり、結果としては、未来のマネジメント人材の育成にもつながるわけです。

それと、認識を誤ってはいけないのは、すべての人がリーダに適しているかとい訳ではありません。そもそも、本人が求めていないケースもあり、それぞれに合ったポジションを与え、成果を出しやすい状況にしてあげることが重要です。

 

シンクスマイル社における取組み

同社では、社員自身が将来どうなりたいのかを明確にする「キャリアビジョン面談」、業務支援・ナイセイ支援・精神支援をするための「KPT(Keep Program Try)」、そして自社での利用からはじまり、いまや多くの大手企業やベンチャー企業が導入しているノーレイティングマネジメントを視覚化したサービス「RECOG(レコグ)」などを活用されています。

これにより、「社員の人生の目的は何なのか、小さくても成功していることは何なのか、抱えている課題は何なのか、称賛されるべき人間としての本質的な魅力は何なのか」を会社全体で理解することで、モチベーションの向上、アクションへとつなげ、結果として高い生産性を実現しています。

この成果は野口氏が抱えるチームに特に顕著であり、その重要性をより確たるものとしています。

 

変化に対応する組織だけが生き残れる

企業にいる多くの人々は、自分たちには変化が必要であると認識しているのにも関わらず、変化を受け入れることができないでいます。

それは、これまでの成功体験や、旧来のやり方でも多少上手くいっていることで、まだ大丈夫だと感じ、待ち受けているリスクを考えないようしています。

そのリスクに直面する時は必ず訪れます。そして、急激かつ急速な変化に対応することは、とても困難であり厳しいものです。

今こそ、変化をすると決め、そして進化するべき取り組みを始める時であり、これがこの先、残れる企業と淘汰される企業の分かれ目になるでしょう。

 

目指すべきはティール組織

そして、目指すべきはボトムアップを進化させたティール組織だと言います。

マッキンゼーの元コンサルタントでフレデリック・ラルー氏による著書「ティール組織(邦題)」により、世界的に広まってきている組織マネジメントにおけるこの概念は、これまでの縦横組織を排除した次世代の組織形態を提唱しています。

ティ―ルとはマズローの5第欲求説「自己実現への欲求」を個だけではなく組織としても考えるべきものとし、本書では企業という人の集合体もそこに到達するべき時代が訪れてきていることを示唆しています。

上司と部下、レイティングなどを、これまでの企業に当たり前にあった要素を取り除いたティール組織は、社員全員が、ただひたすらに目標やビジョンに向かう事に集中できる理想的な環境であると考えます。

それを目指しているシンクスマイル社は野口氏を筆頭に、我々へあらたな企業のあり方や価値を見せてくれるのではないでしょうか。

 

techhub Learning テックハブ・ラーニング 動画eラーニングで教育環境の充実化充実化!! 教育コストを削減 会社でも自宅でも学習 ITインフラに特化した教材 デモ環境の無料申し込み