職場や自宅で気軽にできる血液検査「スマホdeドック」は個人事業主・フリーランスこそ利用したい

Author Image

Text By:techhub Blog 編集部

techhub_blog7979thumb
©KDDI

会社員として働いていれば、労働安全衛生法によって年1度の健康診断が義務付けられていますね。会社には受診させる義務、従業員には受診する義務がそれぞれ課せられています。

すべて会社が段取りをしてくれ、費用も負担してくれるので、従業員としては手間がかかることがないので、大変ありがたい制度ですね。自分の健康面がどういった状態かを早めに知っておければ、大きな病気になる前に予防策を講じることができますから。

しかし、個人事業主やフリーランスになると、自身で健診予約や費用負担をしなければいけません。自身の健康に関わることなので、受診したほうが良いとは分かってはいても、つい先延ばしにしてしまいますね。

日々、忙しく仕事をしている中で、およそ半日、人によっては丸一日、受診に時間を取られてしまうことを考えると、二の足を踏んでしまうものですね。

KDDI社が提供する、「スマホdeドック」を利用すれば、一般的な健康診断と同等の検査が自宅やオフィスにいながら、しかも短時間で受けることができます。

 

©KDDI

検査方法は、専用キットを使い指先から採血し、検査センターに送るだけという簡単さ。日本、アメリカ、ヨーロッパで特許を取得している、「即時血漿分離法」という技術いることで、採血量も従来の血液検査と比べて、約1/150にあたる0.065mlというきわめて少量となっています。

採血済みキットが検査センターに届いてから1週間程で、検査結果をWEBから確認することができるのも便利です。

検査でわかること

©KDDI

さらに、検査結果を見てから30日間は無料で、専門家(医師、看護師など)に健康相談もできます。

 

©KDDI

検査の所要時間は5~10分と、大幅な時間短縮になりますね。この気軽さもあって、2015年のサービス開始以降、日本全国の自治体や健康保険組合に導入されています。

また、特に40歳代以降になると発症率が高くなる、胃がんのリスクをチェックできるキットも提供しているので、心配だけど時間の取れない方は活用したいですね。

検査キットのお申込みはコチラから
スマホdeドック「生活習慣病(生化学14項目)」
スマホdeドック「胃がんリスク(ピロリ菌チェック)」

techhub Learning テックハブ・ラーニング 動画eラーニングで教育環境の充実化充実化!! 教育コストを削減 会社でも自宅でも学習 ITインフラに特化した教材 デモ環境の無料申し込み